純情豆腐物語

豆腐が好きです。 あと、BLが好きです。

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ なんでじゃ

20080728102229
ジャージの二人 がどこ行っても見つかんないわけで
スポンサーサイト
2008/07/28/Mon 10:22:30  未分類/CM:0/TB:0/

§ 最近

漱石と熊楠と骸骨が東大の同期と知ってちょっとときめいた
(実際関わりとかなかっただろうけど…)
2008/07/21/Mon 23:39:50  未分類/CM:0/TB:0/

§ そうか

妙な話、私の萌えの形は典型的な(とは言わないまでも)ホモソーシャルに限りなく近いのではないか、という事に気付いてそりゃもう ぎょっ としたわけなんですけれど。色んな事情が脳内でねじくれ曲がった末にこういう形で噴出してるとしか思えなくて道を踏み外した感満載 笑 笑えない
まぁなんとなく認めたくなかっただけです。


あと過去を振り返ってみると去年の夏に豆腐日記をつけてたんですけど、わたしどうも夏に豆腐食べたくなるんだね。(みんなそうか…)
冬の間普通ぐらいにしか豆腐食ってなかったんですけど最近また復活してた。暑いからだな!
でも写メが壊れてるから今年は豆腐日記はつけられない
これから冷奴用にいろんな豆腐が発売されそうだし楽しみだな~。男前豆腐三連のやつは年中売ってるから食いすぎてちょっと飽きてきた。うまいけど。今日も食ったけど。
2008/07/14/Mon 20:33:48  未分類/CM:0/TB:0/

§ 割とさくさく読めた

「こころ」ってなんかよく精神的に向上心のない者は云々あたりが引用されるからこれってさぞかし重要な台詞なんだろうと思ってたんだけど、まぁ重要ではあるんだけど、思ってたのとは逆な使われ方をしていた
皮肉じゃん!みたいな
なんだよ~みんな肯定的な意味で使ってるからさ~
私がひねくれて読みすぎなんだろうか
ちょっと寝不足じゃない時にもう一度読み直してくるよ…脳味噌がうまく働きません
でも「僕は馬鹿だ」は萌えシーンでした(個人的に)(語りたいが語るまい)

「先生」のビジュアルイメージが、私の中にぱっと浮かんだのがなぜか堺雅人だったので読んでいる間はしじゅう興奮しておりました しょうもねぇ
つーか先生って何歳ぐらいだ
先生の手紙のとある一部がもう何つーか個人的に…ディスコミュニケーションをそんな的確に表現されると切ないのでほんとやめて ぼえぇぇぇってなるでよ
まぁあの先生って良くも悪くも非常に人間臭いですね。自分勝手だし。


それにしても中高生のテストでこれ一部引用して問題解けって、酷だよね
これで「Kが死んだのは失恋したからです!」とかペロっと言えちゃったら…大人だぜぇお前…まぁテストだったら言うけど私も。テストないけど。
よし 寝よう
2008/07/12/Sat 22:31:41  未分類/CM:0/TB:0/

§ 「それに神さまが仰るんだわ」

本が読みたい~現代じゃなくて近代ぐらいのやつがいい~!と最近思っていたので夏☆文庫フェア真っ盛りの本屋へ赴いてきた
行く前は、私は今年の夏は三島を読むの!潔癖症じみた少年達のデカダンスな話を読み漁るの!フンフン!と意気込んでいたんですけど(昔読んだ「午後の曳航」のイメージが強かったからだと思うんですが、よく考えたらまさかそんな話ばかりなわけでもあるまい)、いざ会計済ませてみると手に持っていたのは夏目漱石と宮沢賢治でした。

新潮文庫の限定スペシャルカバーが大変よろしかったので致し方無し!
悔い無し!

こころは真っ白な表紙、銀河鉄道の夜は真っ青な表紙だった。
で、人間失格の表紙ががなんとどピンクだったのが大変秀逸でした。
もう森見とみひこだったら破廉恥極まる桃色 とかそんな風に書きそうな非常に慎みのないピンクでした。合う。笑
それ欲しかったんですけど人間失格って確かわたし持っているので、でもこの装丁好きだし、買おうか迷って迷って、迷いすぎて買うと決めてた荒木先生が表紙の伊豆の踊り子を買い忘れました
あれはもっと突飛な表紙かと思いきや意外とふっつーの絵だった いやいいけど

それで噂の「こころ」、少しだけ読んだんだけど、その少しだけでおいおい結構なBLじゃないかね、と思って大変滾りました。
とか言ったら早すぎるのでちゃんと最後まで読むけど
少年かどうかはともかくとしてデカダンスにも未練が残るので三島も読もう 何かを。
やっぱ金閣寺か春の雪がいいのかな。
安吾は手持ちのを読み返すことにする。「夜長姫と耳男」が超読みたい今

なんかわたし有名な名作みたいなのを全然読んでいないのでもったいないな~と最近思う。というわけで、の漱石と賢治なわけですよ…銀河鉄道とか読んだ気でいて途中綺麗にすっとばしてたもんね、今ぱらっと見てみたら…
2008/07/11/Fri 00:54:15  未分類/CM:0/TB:0/

§ 第七感界

なんかもうお年寄りの方がかわいそうだったり切なかったり愛しさと切なさと心強さと…みたいな、まぁ映画でも小説でもドキュメントでも何でもそうなんですけど、とにかくお年寄りがしょんぼりしている様を見るとこっちまでどうしようもなく切なくなってきてしまうんですが、私は。
それにつけても『第七感界彷徨』の主人公とおばあさんはなんか切なくなるなーと思うのです。恋愛小説(だよね?)なのにおばあさんに物凄く目がいくわたし。
田舎のくびまきは都のハイカラな娘衆のくびまきには見劣りするだろうから三五郎に一緒に選んでもらって新しいのを買いなさい、ってお金をもらっただとか、髪を切る時の「おばあさんが泣く」のくだりだとか切なくなるよーうわーん
あと祖母と孫娘揃って天パの赤毛を気にしてる様がかわいい切ない

しかしこれ、内容知らないでタイトルだけ見た時って「どんな話やねん」と思ったものですけど、実際、設定は少女漫画かよ!ってかんじですよね
お兄ちゃん二人と従兄弟と四人で住んでて従兄弟に恋しちゃうとか、ありそうじゃないすか って中学生当時思っていたが今読んでも思う



話変わって、ずっと前に言ってた気もするけど、やっぱホルガ買っちゃおうかなーーーー
形が好きだ形が
スーパーハーフと迷う、スーパーハーフは形も好きだしとあと何より経済的なので
2008/07/01/Tue 23:26:36  未分類/CM:0/TB:0/
MAIN
copyright © 2006 純情豆腐物語. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。